がんこな汚れも効果的な洗剤で落とせ|換気扇の掃除をしよう

掃除用品

掃除に便利なふきん

掃除

髪の毛よりも細いマイクロファイバーで作られたあっちこっちふきんは人気が高まり、利用者も増えています。赤ちゃんなどの子供がいる家庭では、洗剤を使用せず清潔に保つことができるので活用しましょう。

もっと読む

キッチンのしつこい油汚れ

換気扇

換気扇の油汚れを徹底的に掃除したいという場合は、キッチン用の洗剤では難しい場合が多いです。そのため、換気扇用に作られた洗剤が販売されていますので、そちらを利用して油汚れをスッキリと完璧に落としましょう。

もっと読む

家じゅうピカピカなれる

女の人

あっちこっちふきんは超極細繊維を使用しているため、洗剤を使用しなくても綺麗に掃除することができます。形状や厚さなども豊富にラインナップされているため、掃除する場所に合わせて使い分けることが出来るため人気です。

もっと読む

がんこな油汚れ

キッチン

こすらなくて良いのです

毎日目にするし、気にはなるけどなかなか手が出ないが換気扇の掃除です。何と言ってもあのベッタリとした油汚れは、どうやって落とせば良いのか毎回悩みます。換気扇の掃除をもっと簡単にする方法、それは「こすらずに掃除する」です。がんこな油汚れは、洗剤を使ってこすってもベタついてなかなか落ちませんよね。だからこすってはいけないのです。ではどうするのか言うと、「つけ置き」するのです。つけ置きするだけで、後は放置します。すると、油汚れがスルッと楽に落ちるのです。力を入れてこすらなくて済むので、これは楽ですよね。大掃除をする場合、最初に換気扇を洗剤につけて置いて他の掃除を済ませてしまえば、時間の短縮にも繋がります。

準備が大切です

つけ置きすればこすらずにがんこな油汚れを落とすことが出来ます。しかし、それなりに準備が必要です。まずつけ置きする洗剤です。油汚れにはアルカリ性の洗剤がオススメです。それからお湯です。油汚れは水で固まってしまいますし、洗剤の浸透率も上がりますのでお湯でつけ置きします。熱すぎると火傷の危険があるので、ちょっと熱いくらいの40度から50度くらいが良いでしょう。後は換気扇が入る大きさのゴミ袋を2枚重ねて使います。口を縛って袋状にすれば床にも置けますし、台所のシンクを換気扇が占領することもありません。洗剤を使うので、手荒れ防止のゴム手袋も忘れずに用意してください。準備が出来たら、つけ置き開始です。まずゴム手袋を装着してゴミ袋を広げて換気扇を入れます。それからお湯を換気扇が隠れるくらいまで入れます。次に洗剤を入れますが、少し濃いめに入れると効き目がアップします。洗剤を入れたらゴミ袋の口を縛って2〜3時間放置します。この間に他の掃除をしてしまいましょう。つけ置きが終わったら、スポンジで軽く洗って、布巾で拭いておしまいです。